手に職をつけるためのプログラミングスクール

プログラミングスクールに通う男性何を学ぶにしても、一番お金がかからないのは独学です。

どのようなジャンルであっても独学によってスキルアップすることは可能ですが、プログラミングの場合は独学でスキルを習得するのは困難であり時間もかかります

現在ではパソコンをあまり触ったことがないという未経験の方でも、着実にプログラミングスキルを身につけられるスクールがあります。

当然スクールの利用にはお金がかかりますが、独学よりもメリットが多く、最近では学生~社会人の方が多く利用しています。

ただ、一口に「プログラミングスクール」と言ってもスクールによって特徴が違います

どのようなスキルを習得したいのか?予算はどのくらいか?通学化オンラインか?などプログラミングスクールに求める条件を明確にした上で、自分の要望に応じたプログラミングスクールを選ぶようにしましょう。

ここでは、あなたにぴったりなプログラミングスクールを見つけられるお手伝いをしたいと考えています。

  1. プログラミングを学ぶメリット
    1. メリットその1:就職・転職に有利になる
    2. メリットその2:論理的思考能力が身につく
    3. メリットその3: 高収入を得られる
    4. メリットその4:自由な働き方ができる
  2. プログラミングはやっぱり独学では難しい?
    1. プログラミングスキルを独学で身につける難しさ
      1. プログラミング言語の多さ
      2. 覚えることが多い
      3. エラーの解決が難しい
      4. 独学はモチベーションの維持が難しい
    2. 文系でもプログラマーになれる?
  3. プログラミングスクールを利用するメリット・デメリット
    1. プログラミングスクールのメリット
      1. モチベーションを維持できる
      2. わからないことはプロにすぐ聞ける
      3. 現場で役立つ知識や技術が分かる
      4. 就職や転職のサポートを受けられる
    2. プログラミングスクールのデメリット
      1. お金がかかる
      2. やる気がなければスキルは習得できない
  4. プログラミングスクールで学べる内容は?
    1. Webサービス開発
      1. Webサービス開発が学べるおすすめスクールはこちら→
    2. アプリ制作
      1. アプリ制作が学べるおすすめスクールはこちら→
    3. AI(人工知能)
      1. AI(人工知能)が学べるおすすめスクールはこちら→
    4. Webデザイン
      1. Webデザインが学べるおすすめスクールはこちら→
    5. 小学生~高校生向け
      1. 子供向けのおすすめスクールはこちら
  5. 大学生に人気のプログラミングインターンって知ってる?
    1. 寮ありのプログラミングスクール
    2. プログラミングには英語力も必要
      1. プログラミング初心者レベルに優しいおすすめスクールはこちら→
    3. プログラミングスクールで需要が高い注目のブロックチェーンを学ぼう
  6. 失敗しないプログラミングスクールの選び方
    1. 料金で選ぶ
      1. もっと知りたい方はこちら
    2. 学習方法で選ぶ
      1. もっと知りたい方はこちら
    3. キャリアサポートで選ぶ
      1. もっと知りたい方はこちら
    4. 学習期間で選ぶ
  7. プログラミングスクールを比較してみよう
    1. 講師のレベル
    2. オフラインスペースの有無
    3. 実践的なカリキュラム
    4. 卒業生の就職先や実績
    5. 口コミでの評判

プログラミングを学ぶメリット

最近プログラミングを学び始めたという方やプログラマーに転職したという話をよく聞きます。

また、2020年には小学校でプログラミング教育が必修化となり、どんどんプログラミングスキルが求められるようになっています

これだけ注目されているのであれば自分もプログラミングを学んでみようかな…?

ただ、漠然とプログラミングを勉強しても頭に入ってこないと思いますので、ここではま学びたくなるようなプログラミングのメリットを紹介します。

メリットその1:就職・転職に有利になる

近年どのような業界もIT化が進み、それに伴いプログラマーの需要が高まっています

しかし、プログラマーの人材は不足しており、今後も人材不足は深刻になると予想されます。

そのため、プログラミングスキルを持っている方は今後就職や転職で有利となり、プログラミングスキルがあるのとないのでは採用率が大きく変わってきます。

今後もますますプログラマーのニーズは高まると予想されているので、仕事に困ることはないでしょう。

メリットその2:論理的思考能力が身につく

論理的思考をする男性プログラミングはコンピューターへ正確にプログラムしないと作動しません。

より効率的に、正確に書き込む作業を繰り返しますので、自然と論理的思考能力が身につきます

こうした思考力を身につければ、どんなことでも問題がおきないように考えたり、問題が起きても最善の解決方法を見つけ出せるようになります。

メリットその3: 高収入を得られる

高収入のイメージ画像現在はプログラマーの人材は需要に対して圧倒的に追いついていません。

需要が高い職業というのはお給料が高い傾向があり、プログラマーもその一つです。

また、ITは日々進歩していますが、世の中の動きに合わせてスキルアップすればさらに高収入を目指せます。

メリットその4:自由な働き方ができる

自宅で仕事する男性会社員は毎朝決まった時間に通勤して社内で仕事をするのが通常ですが、プログラミングというのはパソコンさえあれば仕事ができますので、在宅やリモートワークといった働き方もできます

もちろん会社次第ではありますが、会社へ行く時間を節約できるので時間を有効活用できます。

また、プログラマーは会社に属して働くこともできますが、フリーランスとしても働けます。

自宅、カフェ、海外…好きな場所から仕事ができるようになります。

プログラミングはやっぱり独学では難しい?

独学と悩む男性書店へ行くと多くのプログラミングに関する書籍があり、インターネットで検索するとプログラミングに関する記事がたくさん出てきます。

とくに「未経験でも学べる」「初心者でも安心」といったことが書かれていると、独学でもプログラミングができるようになるのでは?と思ってしまいます。

もちろん、実際に独学でプログラミングスキルを習得された方も居ます。

ですが、独学で学ぶ方の約9割は挫折してしまうと言われています

プログラミングスキルを独学で身につける難しさ

プログラミング言語の多さ

プログラミングというのは、簡単に言うとパソコンに指示を出すこと。

そのためにコンピューターへプログラムを書き込みますが、その際に使用するプログラミング言語はとてもたくさんの種類があります

例えば、Webサービスを作りたい場合にはHTMLCSSPHPRubyなど、スマホアプリを作りたい場合にはJavaSwiftAIを作りたい場合にはPythonというように目的に応じて使用する言語が変わってきます。

そのため、学ぶ際には自分にとって必要なプログラミング言語はなにかを明確にしておく必要があります

全くの初心者がこうしたプログラミング言語を覚えるのは簡単なことではありません。

覚えることが多い

プログラミングは参考書を見ながらであればある程度は進みます。

しかし、実際には暗記するだけでは自分の作りたいものは作れませんし、何もない状態から環境構築をしていくのは困難です。

そして何より、最初にとにかく覚えることが多いので思うように進みません…

エラーの解決が難しい

プログラミングはプログラムに一つでも問題があると作動しません。

エラーが出た場合には書き込んだコードの中に間違いがあるということですが、エラーは英数字で表示されることがほとんどですし間違い箇所を見つけるのも大変です。

意味不明なエラーが連続で表示されると、どんどんやる気が失われてしまいます

独学はモチベーションの維持が難しい

プログラミングはとにかく覚えなくてはいけないことが多く、コツコツ書いたコードにエラーが出て解決できない…。

こういった壁にぶち当たることでモチベーションが下がって、学習を継続できなくなってしまう傾向があります。

独学は自分のペースで学習できるメリットがある反面、自分のモチベーションが下がれば学ばなくなってしまうデメリットがあります

文系でもプログラマーになれる?

プログラミングを学ぶ文系男性プログラミングというと、英語や数字が並んでいるので理系の方が向いているというイメージがあります。

しかし、実際には文系の方でもプログラミングは可能ですし、現在プログラマーとして活躍している方も意外と文系出身は多いです。

というのも、プログラミングは英数字を使用しますが、数学は必要としません。

必要とするのは作りたい(作って欲しい)システムのイメージを汲み取って形にする読解力なので、文系・理系は関係ありません。

文系だからプログラミングはちょっと…という方もいるかと思いますが、実際には今まで何を学んでいたか全く問題はありませんので、安心して学んでいきましょう。

プログラミングスクールを利用するメリット・デメリット

今後も需要が高まると予想されるプログラミングスキル。

独学でスキルを習得しようと努力されている方もいますが、最近ではプログラミングスクールを利用される方が増えています

プログラミングスクールはその名の通り、プログラミングを教えてくれるスクールです。

ここでは、スクールを利用することのメリット・デメリットをご紹介します。

プログラミングスクールのメリット

モチベーションを維持できる

一人で学習していると、当然分からない点が出てきます。

参考書やネットで調べても答えが出てこない…そういった場合にはモチベーションが下がって挫折してしまいますが、プログラミングスクールでは一緒に学ぶ仲間もいますし、問題点を質問できる環境になっていますのでモチベーションを維持しやすいです。

スクールによっては悩み相談を聞いてくれるスタッフの方も居ますので、最後まで学習を継続できます。

わからないことはプロにすぐ聞ける

プログラミングスクールの特徴であり最大のメリットでもあります。

スクールの講師は現役エンジニアや専属エンジニアなどのプロばかりなので、不明点が出てきてもすぐに聞けて問題を解決できます

学習速度が上がりますので独学よりも早くスキルアップできますし、時間を有効に使えます。

現場で役立つ知識や技術が分かる

実際に他の企業で働いているエンジニアやフリーランスで働いているエンジニアが講師の場合、現場で役立つ知識や技術も教えてくれます

参考書では得られない情報も多いので、実際に就職した時即戦力として活躍できます。

就職や転職のサポートを受けられる

サポートを受けた女性プログラミングスクールの多くは企業と繋がっており、就職や転職のサポートサービスを行なっています。

就職・転職の相談にのってくれたり、卒業後に就職先を紹介してくれたりしますので安心です。

せっかく身につけたスキルも働き先が見つからずに無駄になってしまう…なんてことにもなりません。

プログラミングスクールのデメリット

お金がかかる

料金がかかる様子プログラミングスクールの学習方法や期間などにもよりますが、どこのプログラミングスクールも利用するにあたってお金がかかります。

目安としては1ヶ月あたり10万円ほどが必要となりますので、ある程度まとまったお金を用意しておくようにしましょう。

ただし、学ぶための初期費用はかかってもプログラミングスキルを身につけて就職すれば受講料はすぐに回収できます。

フリーランスで働けるだけのスキルがあれば年収1,000万円も可能なので、未来への投資と思えば高くないかもしれません

やる気がなければスキルは習得できない

未経験者でも学べるプログラミングスクールは多いですが、当然利用するだけで確実にスキルを習得できるわけではありません。

自分のやる気がなければ知識も技術も習得できませんし、学習時間もかかってしまうでしょう。

プログラミングを学びたいという意欲がある方はスクールが向いていますが、そうでない方は時間もお金も無駄になってしまいます

プログラミングスクールで学べる内容は?

プログラミングスクールは全国各地にあり、各スクールで学べる内容も様々です。

Webサービス開発

自分でゼロからWebサイトやサービスを作ってみたいという方のためにITスキルを身につける学習内容となっています。

必要となるプログラミング言語は、HTMLCSSPHPJava Scriptなどです。

Webサービス開発が学べるおすすめスクールはこちら→

TECHCAMP(テックキャンプ)の詳細と口コミ情報はこちら

侍エンジニア塾の詳細と口コミ情報はこちら

DMM WEBCAMPの詳細と口コミ情報はこちら

GEEK JOB(ギークジョブ)の詳細と口コミ情報はこちら

CodeCamp(コードキャンプ)の詳細と口コミ情報はこちら

アプリ制作

スマートフォン向けのアプリを制作してみたいという方のために、アプリ開発に必要な環境構築から実装まで行なう学習内容となっています。

必要となるプログラミング言語はJavaswiftなどです。

アプリ制作が学べるおすすめスクールはこちら→

CodeCamp(コードキャンプ)の詳細と口コミ情報はこちら

侍エンジニア塾の詳細と口コミ情報はこちら

AI(人工知能)

最先端技術のAIを使えるエンジニアになりたいという方のために、エンジニアの基本スキルやAIに関するデータ分析などを学ぶ内容となっています。

必要となるプログラミング言語はPythonC言語、C++、Java ScriptJava、などです。

AI(人工知能)が学べるおすすめスクールはこちら→

tech boostの詳細と口コミ情報はこちら

侍エンジニア塾の詳細と口コミ情報はこちら

TECHCAMP(テックキャンプ)の詳細と口コミ情報はこちら

Webデザイン

Webサイトのデザインをしてみたいという方のために、デザインの基本から制作スキルを身につけられる学習内容となっています。

必要となるプログラミング言語はHTMLCSSJava ScriptBootstrapなどです。

Webデザインが学べるおすすめスクールはこちら→

TECHCAMP(テックキャンプ)の詳細と口コミ情報はこちら

テクノロジア魔法学校の詳細と口コミ情報はこちら

DMM WEBCAMPの詳細と口コミ情報はこちら

CodeCamp(コードキャンプ)の詳細と口コミ情報はこちら

小学生~高校生向け

プログラミングというと大人が学ぶスキルというイメージがありますが、最近では子供向けのスクールも増えています

このようなスクールは、楽しみながらプログラミングスキルを身につけられる特徴があります。

子供向けのおすすめスクールはこちら

LITALICO(リタリコ)ワンダーの詳細と口コミ情報はこちら

テクノロジア魔法学校の詳細と口コミ情報はこちら

大学生に人気のプログラミングインターンって知ってる?

インターンのイメージ画像将来プログラマーになりたいという大学生は、独学やプログラミングスクールへ通ってスキルを身につけるのが一般的です。

しかし、最近ではプログラミングインターンという方法でプログラミングスキルを身につけることも可能です。

プログラミングインターンは、名前の通りインターン先でプログラミングを教えてもらえることです。

会社には現役のエンジニアの方ばかりが在籍しており、直接Webサイトやアプリの制作で必要なスキルを教えてもらえます

通常であればお金を払ってプログラミングを学ばなければならないところを、お給料をいただきながら学べるとあって最近ではこのようなインターン先が人気です。

学びながら稼ぎたい方にはおすすめです。

寮ありのプログラミングスクール

プログラミングを学びたいものの、自宅近くにはスクールがない…といった場合には、寮ありのプログラミングスクールを利用するという選択肢もあります。

寮であればスクールへ通っている間のみの契約ですし、通常の賃貸住宅やホテル宿泊に比べると格安料金で利用できます

基本的に寮はプログラミングスクールの近隣に位置しており、通学のストレスもありません。

ただ、こうした寮ありのプログラミングスクールというのは数が多くありません

そのため、プログラミングを学びたい場合には、寮のあるプログラミングスクールを探すよりも「オンライン学習」ができるプログラミングスクールを探す方が簡単ですし、選択肢が多いです。

オンライン学習であれば、自宅やカフェなど好きな場所で学べますし時間も問いません。比較的料金もリーズナブルなので、通学よりも気軽にプログラミングを学べるでしょう。

プログラミングには英語力も必要

英語ができずに悩む男性プログラミングと英語。一見関係なさそうに感じるかもしれませんが、すでにプログラミングを学んでいる方であれば、この2つは切り離せない存在ということはお分かりでしょう。

というのも、プログラミングの専門用語は英語がベースとなっているからです。

プログラミングの文献は基本的に英語です。時が経てば日本語に翻訳されますが、IT業界はトレンドの動きが激しいため、翻訳を待っているとスキルアップは難しくなります。

英語を話せなくとも読み解くレベルの力は必要となってきますので、最低限の英語力は身につけておきましょう。

英語とプログラミングを同時に学べる方法として、海外のプログラミング学習サイトの利用やプログラミング留学があります。

海外のプログラミング学習サイトであれば、全てのコンテンツやコミュニケーションが英語なので、プログラミングスキルと英語力を同時に養えます。

プログラミング留学の場合には留学先で旅行気分を味わいつつ、現地で実際にプログラミングスキルと英語力を養えます。

こうした方法を利用すればプログラミングと英語の学習時間は短縮できますが、いきなり2つのことを覚えるのは正直大変です。

そのため、まずはプログラミング初心者レベルの方でも着実に学べるスクールを選びましょう

プログラミングスクールによって様々な特徴がありますが、未経験の方でも安心して学べるスクールも増えています。

はじめはパソコンもあまり触ったことがない…という方でも、卒業する頃には自分でオリジナルWebサービスやアプリを開発できるようになります。

プログラミング初心者レベルに優しいおすすめスクールはこちら→

TECHCAMP(テックキャンプ)の詳細と口コミ情報はこちら

DMM WEBCAMPの詳細と口コミ情報はこちら

CodeCamp(コードキャンプ)の詳細と口コミ情報はこちら

GEEK JOB(ギークジョブ)の詳細と口コミ情報はこちら

侍エンジニア塾の詳細と口コミ情報はこちら

プログラミングスクールで需要が高い注目のブロックチェーンを学ぼう

近年、エンジニアで求められるスキルの一つに「ブロックチェーン」が挙げられます。

ブロックチェーンというのは仮想通貨を支えている技術で、金銭の取引などを記録する手法です。

ブロックチェーンのスキルを習得すれば、

・ユーザー同士がデータをネットワーク上で管理ができる→システムダウンのリスク低下

・取引内容がハッシュ関数で暗号化される→データ改ざん不可

・様々な分野で活用できる→活動の幅が広がり、転職や就職に有利

・ブロックチェーンエンジニアは評価されている→高収入が得られる

といったことが可能になります。

失敗しないプログラミングスクールの選び方

プログラミングスクールを選ぶ際、なにを重視するかは人によって違います。

選び方は自由ですが、「他のプログラミングスクールにすればよかった…」と後悔しないためにも、ここでは失敗しないプログラミングスクールの選び方を紹介します。

料金で選ぶ

料金で比較する様子プログラミングスクールを利用するにあたって料金は気になるでしょう。

料金の平均は1ヶ月10万円ほどとお伝えしましたが、あくまで平均です。

料金が高いほど品質に期待する方もいるかも知れませんが、料金と品質は比例しません。

そのため、高額なスクールを選んで支払いが困難にならないように、予算に合ったプログラミングスクールを選びましょう

最近ではクレジットカードの分割払いもできるところが増えているので、月々の負担を軽減できます。

無料で参加できる体験や説明会を利用して、自分が納得できる料金のプログラミングスクールを選びましょう。

もっと知りたい方はこちら

プログラミングスクールにかかる費用は?を読む

学習方法で選ぶ

プログラミングスクールの学習方法は「通学」と「オンライン」の2つに分類できます。

通学の場合は教室へ通い、直接講師に教えてもらうためモチベーションを維持できる特徴があります。

オンラインの場合は好きな場所や時間に学べますので、スキマ時間を有効活用できる特徴があります。

プログラミングスクールによっては「通学+オンライン」で学べますので、自分のライフスタイルや性格に合った学習方法を選びましょう

もっと知りたい方はこちら

プログラミングスクールには通信制もあるを読む

キャリアサポートで選ぶ

プログラミングスキルを身につけてもアウトプットできる場がなければ意味がありません。

ただ、多くのプログラミングスクールではキャリアサポートも行なっています。

就職・転職・独立・副業の相談も可能で卒業後も安心です。

もっと知りたい方はこちら

プログラミングスクールで転職は可能?を読む

学習期間で選ぶ

プログラミングスクールはコースによって学習期間が設けられていますが、期間はスクールや学びたい内容によって異なります。

ガッツリ短期間で学びたい、働きながら学びたい、夜間だけ通いたい、1ヶ月間で学びたいなどの学び方や期間でプログラミングスクールを選ぶことも可能です。

プログラミングスクールを比較してみよう

初めてプログラミングスクールを利用するとなれば、一体どのようなスクールを選べばよいのかわかりません。

全国には様々なプログラミングスクールがありますし、身につけたいプログラミングスキルは人それぞれですが、プログラミングスクールを選ぶ上で重要なポイントが5あります。

講師のレベル

プログラミングスクールの良し悪しを決めると言っても過言ではないでしょう。

経験の多い講師であればすぐにプログラミング初心者の問題を解決してくれますし、現場で役立つ知識や技術も教えてくれます

同じスクールでも講師のレベルに差がある場合もありますので、しっかりとチェックしておきましょう。

オフラインスペースの有無

最近ではネット上で学習するオンライン完結型のスクールも増えてきていますが、直接講師に教えてもらえるオフラインスペースがあるか確認しておきましょう。

オンライン完結型でもチャットやテレビ電話で質疑応答できますが、やはり直接講師に教えてもらう方が分かりやすいです。

通学するつもりがない方以外はなるべくオフラインスペースがあるスクールが良いでしょう。

実践的なカリキュラム

カリキュラムの内容が自分の目的と合わなければ、学ぶ意味がありません。

また、教科書をなぞったようなカリキュラムは独学と変わりません。

無駄な時間とお金にならないようにも、必ず自分にとって必要なスキルが学べるかどうかをチェックしておきましょう。

卒業生の就職先や実績

プログラミングスクールは卒業がゴールではありません

また、一口にエンジニアといっても様々なポジションがありますので、卒業生は重要なポジションに位置するエンジニアになれているのか?

スクールを利用したからこそできる仕事や会社へ就けているのか?確認しておきましょう。

口コミでの評判

サービスや商品を選ぶ上で口コミや評判を確認する方は多いでしょう。

プログラミングスクールに関しても、実際に通っていた方や無料体験を利用した方の口コミが書き込まれていることがあります。

各スクールのホームページにある卒業生の声、おすすめランキングサイト、SNSなどを利用して安心して通えるかどうか参考にしましょう。

タイトルとURLをコピーしました