プログラミングスクールにかかる費用は?

料金がかかる様子 スクール費用

プログラミングに興味があり、学びたいと思っているものの何から学べば良いのか分からない…。そういった場合におすすめなのがプログラミングスクールです。

プログラミングを専門的に学べるだけでなく、卒業後の就職サポートなども行なっている事が多いので、将来プログラマーとして働きたい方にはプログラミングスクールを利用してみましょう。

ただし、ここで気になってくるのは「費用」です。

いくらくらいかかるものなのか?想像もできない方もいるかと思いますので、こちらではプログラミングスクールの費用についてまとめています。

プログラミングスクールの相場はいくら?

プログラミングスクールによって学べる内容や学習期間が違うように、必要となる費用も違ってきます。

プログラミングを利用する際に必要となる費用の相場は、

1ヶ月で5万円~20万円程度です。

金額に幅がある理由としては

・オンライン完結型と通学型(講義式・マンツーマン式)の違い

・学習期間(1ヶ月~6ヶ月)の違い

この2点の違いが、費用に大きく影響していると考えられます。

講師に密に教えてもらえるほど分かりやすく集中して学べますが費用は高く、学習期間が長くなるほどスキルアップを期待できますが費用が高くなります。

プログラミングスクールを選ぶときには、自分が何を学びたいか?を明確にし、学びやすさと自分の予算を照らし合わせましょう

そうすれば、最低限の費用でプログラミングスキルを磨けます。

プログラミングスクールの費用の内訳について

プログラミングスクールの費用相場に関しては先程ご紹介しましたが、その内訳はこちらです。

入会金

入会金はプログラミングスクールへ申し込んだときに発生する費用です。

初回のみ高額な費用を支払わなければなりませんが、数ヶ月間のコースであればその後は受講料だけで利用できます

受講料

講義を受ける際に発生する費用です。

毎月決まった受講料を支払う月額制のスクールもありますが、都度支払うチケット制のスクールもあります。

教材費

プログラミングを学ぶ上で必要となる教材の費用です。

教材はレンタルや買い取りがあり、同じスクールでもコースによって金額が異なります。

その他費用

プログラミングスクールで発生する費用は、入会金・受講料・教材費が基本です。

しかし、場合によってはこれらの費用以外にも教室運営費やパソコンレンタル費用などが必要になることもあります。

プログラミングスクールは高いから良い?安いとNG?

有料スクールに通う学生プログラミングスクールの料金比較をしていると、ものすごく安いところもあれば高いところもあります。

当然、料金は安いに越したことはありませんが、やはり安いと品質が低く、高いほど品質が良いのではないか?と考えてしまうでしょう。

実際にプログラミングスクールを利用してみなければ良し悪しはわかりませんが、せっかく料金を支払ったにも関わらず、プログラミングスキルを身につけられなければ意味がありません。

理想のプログラミングスクールというのは、「安くて質が高いスクール」です。

世の中の大半のサービスはお金を出さなければ質の高さを実感できませんが、プログラミングスクールの場合、料金と質は比例しません

そのため、高額な料金を支払ったからといって必ず質の高いレッスンを受けられるわけではありません。その逆も然りで、料金が安くてもレッスンの質が高いスクールも存在します

最近では、格安料金のプログラミングスクールの上を行く、無料で利用できるプログラミングスクールも増えてきています。

無料プログラミングスクールについては次で詳しく紹介します。

無料のプログラミングスクールがあるって本当?

無料のイメージ通常、プログラミングスクールは有料です。

受講料を支払った対価としてプログラミングを学ぶというのが当然ですが、最近ではインターネットで検索すると、無料のプログラミングスクールがいくつか出てきます。

利用者側からすると大変魅力的に感じますが、本当に無料で利用できるのか?本当は怪しい会社なのでは?というように、いろいろと疑問や不安もあるかと思います。

結論から言うと、無料プログラミングスクールは本当に存在していますし、実績のあるちゃんとした企業が運営していますので安心して利用できます。

では、一体どうして無料でプログラミングを学べるのでしょうか?

プログラミングスクールを無料で利用できる理由、それは「就職先となる企業から紹介料をもらうから」です。

受講料無料のプログラミングスクールはたくさんありますが、どれも就職・転職サポートがセットになっています。

スクールがプログラミングを教え、卒業後はスクールが提携しているIT企業へ就職先を紹介します。そして、企業への内定が決まれば、企業から紹介料をもらいます。

そのため、スクールは1人でも多くの生徒を企業へ紹介・就職させることで儲けることができます。

利用者からすれば無料でプログラミングを学べ、就職のサポートもしてもらえるので、まさに一石二鳥です。

ただし、無料プログラミングスクールは年齢・学習期間・人数に限りがある場合が多いので申し込む前にチェックしておきましょう。

また、提携外の企業へ就職する場合には違約金が発生することもあるので覚えておきましょう。

おすすめ無料プログラミングスクール

GEEK JOB(ギークジョブ)の詳細と口コミ情報

有料プログラミングスクールも悪くない!

有料のイメージお金をかけずにプログラミングを学べるのは素晴らしいですが、有料のプログラミングスクールも悪くありません

無料と有料の違いですが、有料の場合は「一人ひとりの将来に合ったカリキュラムがある」ということです。

プログラミングを学びたい理由は人によって違いますが、有料スクールであれば基本はマンツーマンで、サービス開発をするエンジニアに転職したい、フリーランスで働きたいといった要望に応じて最適なカリキュラムを作成してくれます

無料スクールを利用できる条件を満たしていなくても、有料スクールではより濃いレッスンを受けられますので、将来の選択肢も増えるでしょう。

おすすめ有料プログラミングスクール

Basis Point Academy BPAの詳細と口コミ情報

クリプテックアカデミアの詳細と口コミ情報

tech boostの詳細と口コミ情報

DMM WEBCAMPの詳細と口コミ情報

お得にプログラミングスクールを利用する方法

なるべく低予算でプログラミングを学びたいものの、プログラミングスクールの相場は1ヶ月で10万円前後します。

ただし、有料プログラミングスクールの入学金や受講料が予算オーバーだった場合でも、お得に利用できる方法もあるので諦めないでください。

分割払い

短期間のコースであれば一括払いが基本ですが、2ヶ月以上の長期間コースであれば分割払いができるケースが多いです。

一括であればまとめて数十万円支払わなければなりませんが、分割できればひと月あたりの支払額を抑えられるので負担が軽減します。

分割払いの場合には手数料が発生しますが、まとまったお金を用意できない方でも無理なくプログラミングスクールに通えます

キャンペーン

プログラミングスクールでは様々なキャンペーンを開催しています。

友達紹介で割引、期間限定で入会金割引(無料)、無料体験レッスン受講割引というように期間限定のキャンペーンもありますが、活用するとお得に受講できます

学割

転職や就職がメインのプログラミングスクールであれば、大学生向けの学割が用意されていることがあります。

学割は社会人向けの通常料金よりも安価に利用できるため、学生の場合は積極的に活用しましょう

補助金

一部のプログラミングスクールは国から補助金をもらいながらプログラミングを学べます。

この制度は教育訓練給付制度というもので、一定の条件を満たした方が対象となりますが受講料の一部が戻ってきます。

年齢は関係なく、受講料の最大20%(上限10万円)が給付されます。

1年以上雇用保険に加入しており、現在休職中または在職中の方(初めての方1年以上、2回目以降3年以上)

お得に利用できるプログラミングスクール(一部)

・分割払いができるスクール → 侍エンジニア塾の詳細と口コミ情報

・紹ご紹介割・ともだち割があるスクール → TECH::EXPERTの詳細と口コミ情報

・教育訓練給付制度が利用できるスクール → CodeCampの詳細と口コミ情報

まとめ

いかがでしょうか?プログラミングスクールの料金については大体おわかり頂けたかと思います。

決して安い料金ではありませんが、エンジニアは高収入のお仕事なのでスキルを身につければスクールに支払った金額はすぐに回収できます

現在はエンジニアの人材が不足していますし、これから今以上にプログラミングスキルが求められる時代になっていきます。

現在では無料で学べるスクールも増えてきており、有料でもキャンペーンや分割払いを活用すれば安価に学べますので、まずは一歩踏み出して無料体験や説明会へ出向いてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました