プログラミングスクールには通信制もある

プログラミングを学ぶ女性 学習方式別

ここ数年、IT業界の拡大とともにエンジニアを育てるプログラミングスクールが増えてきました。

こうしたスクールを利用すれば、未経験の方でもプログラミングスキルを身につけることができ、IT業界で需要の高い人材になれます。

プログラミングスクールでは、Webサービス開発、Webアプリ開発、Webデザイン、AIなどが様々な知識や技術が効率的に学べます。

独学のように挫折しにくく、就職や転職のサポートも充実していますので、最近ではプログラミングスクールを利用してスキルを習得する方が増えています。

ただし、プログラミングスクールによってレッスン方法は様々です。

同じカリキュラム内容であってもレッスン方法が違えば、目標を達成するまでの時間やモチベーションが変わってきます。

プログラミングスクールで行われているレッスン方法は大きく2つに分けられます。

そのレッスン方法とは「通学」と「オンライン」です。

スクールによってはどちらか一方のレッスンしか採用していませんが、通学かオンラインを選べるスクールも多くあります。

それぞれの学び方には特徴がありますので、特徴を知って自分が効率的に学べるプログラミングスクールを選びましょう。

通学でプログラミングを学ぶ

通学タイプのプログラミングスクールは、学校や塾のような感覚で教室へ通ってプログラミングを学びます。

スクールによって、全員で授業を進めていく講義形式や個人のペースで学習を進めるマンツーマン形式があります

通学のメリット

モチベーションを保ちやすい

レッスン形式はスクールによって違いますが、いずれにしても教室という空間には同じエンジニアを目指す仲間がいます。

独学の場合には完全に一人でモチベーションも自分次第になってしまいますが、同じ空間に真剣に学ぶ生徒やすぐに教えてくれる講師がいれば、自分も頑張らなければいけないという意識が芽生えてモチベーションが維持されやすくなります

講師に直接質問できる

プログラミングを学んでいると必ずエラーという壁にぶつかりますが、教室には講師が常駐していますので、わからないことがあればすぐに質問できます。

もちろん、一人で考えて解決することも大切ですが、解決できない場合には悩んでいる時間がもったいないです。悩んでわからない場合は聞いて解決するのが一番です。

また、言葉や文章だけでは伝えにくい内容でも、直接であれば講師に伝わりやすいです。

人脈が広がる

マンツーマン形式のレッスンでも、通学することで同じエンジニアを目指す仲間と出会えます

友達のように仲良くなれることもありますし、将来一緒に仕事をする仲間ができることもあります。

プログラミングスクールによっては大学生と社会人が同じ教室で学ぶので、通学しなければ出会えない人ともコミュニケーションを取れて人脈が広がります

通学のデメリット

教室数が限られている

プログラミングスクールの多くはここ数年で増えましたが、多くの教室数を持っていないスクールが目立ちます。

東京しか教室がない、全国に23校だけという場合が多いので通いたくても通えないこともあります。特に地方に住んでいる方は教室通いができません。

通学に時間とお金がかかる

プログラミングスクールの教室の近くに自宅や会社(学校)がある場合には徒歩や自転車で通えますが、近くにスクールがない場合には通学のために時間も交通費もかかってしまいます

オンラインでプログラミングを学ぶ

プログラミングはインターネットが繋がった状態のパソコンがあれば学べます。そのため、直接教室へ行かなくてもオンライン上でプログラミングを学ぶことも可能です。

プログラミングスクールには、オンラインのみで学ぶオンライン完結型や通学+オンラインで学べるレッスンもあります。

オンラインのメリット

時間や場所を選ばず学べる

オンラインでの学習はパソコン1台あれば可能なので、時間や場所を選ばずに学習を進めていけます

自宅・カフェ・新幹線などの好きな場所で、早朝・深夜・スキマ時間の好きな時間にいつでも「学べます

料金が比較的安い

オンライン完結型のプログラミングスクールの場合、運営費用が抑えられるため料金が安い傾向にあります。

通学とオンラインのコースがある場合でもオンラインの方が低料金なので、少しでもお金をかけずにプログラミングを学びたい方にぴったりです

仕事や学業と両立しやすい

オンラインタイプは基本的に自分で学習を進めていきますので、周りのペースを気にせずにプログラミングを学べます

社会人や学生でも空いた時間に学習ができるため、スキマ時間に無理なく学べます。

オンラインのデメリット

コミュニケーションが取りにくい

オンラインでの学習は基本的に個人で進めていきますが、わからないことはスクールの講師に質問できます。

質問はチャットやテレビ電話がありますが、すぐに返事がもらえない可能性や伝わりにくい場合があります

直接講師と対面するよりコミュニケーションが取りにくいので、ストレスを感じることがあります。

モチベーションの維持が難しい

オンラインでも同じスクールにはプログラミングを学ぶ仲間がいます。

ただし、教室を利用することがないので独学に近い状態で学ぶこととなります。

一人での学習は良くも悪くもすべて自分次第なので、モチベーションの維持が難しいです。

自分に合ったレッスン方法の選び方

プログラミングスクールのレッスン方法には通学とオンラインがありますが、上記でそれぞれのメリット・デメリットを紹介しました。

どちらを選ぶべきかはその人の性格やライフスタイルによって違いますので、ここではタイプ別でおすすめのプログラミングスクールを紹介します。

過去に独学で挫折したことがある方

プログラミングを学ぶ男性独学でプログラミングを学ぶとなれば、モチベーションを維持させることが最も重要です。

ですが、プログラミングは難易度が高いスキルとなるため、約9割の方が挫折すると言われています。

過去に自分でプログラミングを学ぼうとして挫折してしまったことがある…という方は、通学タイプのプログラミングスクールをおすすめします。

通学すれば、同じプログラミングを学ぶ仲間が居ますし、周囲が学習していると自然と自分も学習できる姿勢になります。

学校や会社に行きながら学びたい方

エンジニアは需要の高い人材なので、将来エンジニアになりたいと考える方は多くいると思いますが、学校や会社へ行きながらプログラミングを学びたい場合は夜間や休日に通えるプログラミングスクールがおすすめです。

講義形式のスクールでなければ教室が空いている時間に自由に出入りができますので、学生や社会人の生徒が空いた時間を活用してプログラミングを学んでいます

自由な時間が決まっていない方

プログラミングスクールを利用したいものの、自由な時間が不定期といった場合にはスクール通いは困難です。

ただ、こうした場合にはオンライン完結型のスクールを利用すれば問題ありません。

オンライン完結型であればわざわざ教室へ行く必要がなく、いつでも自分の好きなタイミングで学べますので時間を気にせずプログラミングスキルを習得できます。

本当にプログラミングスキルが習得できるか不安な方

プログラミングスクールのホームページを見ていると、未経験でもプログラミングスキルが身につくと書かれていますが、本当に自分もプログラミングできるようになるのか不安。

そういった場合には、マンツーマンで教えてもらえるプログラミングスクールがおすすめです。

マンツーマンであれば授業についていけるかどうかの心配は要りませんし、すぐに講師へ質問できます。一人ひとりのペースで学べますので、安心して着実にスキルを習得できます。

就職や転職に不安を持っている方

プログラミングを学んだとしても、エンジニアとして就職や転職できなければ意味がありません。

また、就職や転職が初めてで様々な不安があるかと思いますが、そのような場合には就職・転職支援のあるプログラミングスクールを選ぶと安心です。

プログラミングスクールでは今後のキャリアに関する相談ができるようになっており、スクールによっては卒業後の就職や転職を支援・保証などの手厚いサポートをしてくれます

必要なスキルだけを学びたい

プログラミングスクールにあるカリキュラムには、自分が学びたい内容以外のレッスンもあるから時間が無駄。

その場合には、自分が必要とする内容だけを学べるオリジナルカリキュラムを作成してくれるプログラミングスクールを選ぶと良いでしょう

一人ひとりのプログラミングを学びたい理由は異なりますが、そうしたニーズに対応しているスクールであれば、本当に必要とするスキルだけを習得できます。

まとめ

プログラミングを学ぶ男性プログラミングスクールといってもレッスン方法が違えば、学びやすさや習得できるスキルも変わってきます

人によって学びやすいと感じるレッスン方法は異なりますので、まずは無料説明会や体験レッスンの利用をおすすめします。

実際にプログラミングスクールのスタッフから話を聞くことで、自分にとって最適なレッスン方法やスキルが見えてきます

コメント

タイトルとURLをコピーしました